今晃コレクション

2018年04月01日

【夢ニ夜】黒澤明 映画『夢』より

この週末は、仕事場のこけし棚で暇を持て余していたチヨゴローたちを連れ出して、近くにある桜の名所を訪れてみた。そこでは儚く散りゆく桜の海を舞台に異邦人たちによる密かな花の宴が始まろうとしていた。
03insta2a
「それは焼けるような太陽の光のせいだ」カミュは自著小説『異邦人』において人間の存在になんらかの意味を付与しようとすることを強く拒絶した。我々はあらゆる場面で"合理的な意味"を求めるが、それに相反してこの世界では"不条理"が常である。それはカミュの思想の根幹をなす部分でもある。『旧約聖書』における異邦人とはユダヤ人以外の非ユダヤ人、即ちキリスト教徒を指している。

チヨゴロー「おい純よ!たしかにこの世の中は不条理や理不尽で満たされている。しかしながら生きるのだ。筋も道理も立たないこの世界をただ粛々と生きるのだ!」

子供たちが空に向かい 両手をひろげ
鳥や雲や夢までも つかもうとしている

過去に福島の土湯温泉を襲った洪水の受難はパプテズマ(洗礼)の象徴である。幾度の受難を乗り越えて土から湯の力湧き出る大地は新生する。そして、土湯のこけしに描かれたロクロ模様は遥か神の国まで上昇する”千段巻き”。どの系統にも分類されず雑系と呼ばれたこけしたちは、かつてユダヤ人に迫害されたナザレの異邦人を連想させる...

その夜、私はこんな夢を見た。

jetlink_roki at 16:25|Permalink

2018年03月07日

【夢一夜】黒澤明 映画『夢』より

03insta1a
春はいつ来るでおじゃるか
春はじき来るでおじゃるよ

津軽こけし作者の今晃さんより
お雛様の木地玩具が届いた

その夜、わたしはこんな夢を見た

jetlink_roki at 15:50|Permalink

2018年01月31日

津軽こけしとりんごの帽子/今晃

「MINGEI JETLINK/ジェットリンクの民芸」トークショーが無事に終了しました。途中参加も含め定員20人超えのお客さんにご来場いただきました感謝!
01insta2a
本日はいつもの大学学食でランチしました。トークショー終わりに会場のDECOLA.で購入したこけしの帽子は「りんご=津軽」のイメージで今晃さんのこけしにピッタリでした。ぜひチェックしてみてください。
01insta2b
本日のランチメニュー550円です。実家の母から送られた梅干を持参して、健康に良いと聞いたのでブロッコリー多めです(笑)

01トーク用blog1
次回は、夏頃に「こけしと七夕の夕べ~納涼こけしトーク」(仮)を予定してますので、今回逃してしまった方もぜひ遊びに来てください。


jetlink_roki at 15:27|Permalink

2018年01月27日

「ジェットリンクの民芸」こけしトークショー at 綾瀬DECOLA.

2018年1月27日(土)17:00より、綾瀬の人気雑貨店DECOLA.にて「MINGEI JETLINK/ジェットリンクの民芸」こけしトークショーが開催されました。
01kozuetop2
「戦後こけしの秘密」 -『木の花』40年の功績と呪縛-
40年の呪縛-蒐集家垂涎の英太郎19歳こけし。その仕掛人とカラクリとは?
40年の呪縛-40年経過した現在も影響が続く「こけし裁判」の謎を紐解く。
40年の功績-戦後の人気こけしBEST3を徹底解析します。
40年の功績-戦後最大の発見「岩松直助文書」と第二次こけしブームの終焉。
40年の秘密-第二次こけしブームで得した天才、損した天才。
40年の秘密-最後に、カリスマ不在となった今後のこけし界の行方は?
40年後の今-新時代に向けて、新たなる伝統こけしを提唱します。

イベント会場では、柳宗理やミナペルホネンの生地を使った一点物の「Fabrickokeshi/ファブリッこけし」を展示しました。トーク終了後には「ジェットリンクの民芸」新作こけし&新作ファブリッこけしを頒布をさせていただきました。
01ファブリック1a
秋田県大館の作者・今晃さんの斎藤幸兵衛型、佐藤伊太郎型、本人型こけし。
01ファブリック2
福島県猪苗代の作者・荒川洋一さんの岩本善吉型たこ坊主、小椋千代五郎型こけし。

01kozue5
一年ぶりに「MINGEI JETLINK/ジェットリンクの民芸」新作玩具が完成しました。秋田県由利本荘のこけし作者・佐藤こずえさんに木地玩具を製作いただきました。その名も「ヤキモチえじこ」です。
01kozue2
ヤキモチえじこver.火鉢
01kozue3
ヤキモチえじこver.七輪

01kozuetop1b
2018年初春の候にお送りする「MINGEI JETLINK/ジェットリンクの民芸」新作は、秋田県の由利本荘で古くから伝統として受け継がれてきた鳴子系本荘こけしを継承する佐藤こずえさんに木地玩具を製作いただきました。えじこのデザインには、本荘こけしの伝統的な”井桁模様”と”菊模様”の意匠を取り入れました。えじこの描彩には、真っ白で美しいミズキ材の木肌や木目を塗り潰してしまう顔料は使用せず、透明感のある染料のみで描彩が施されます。日本が誇る職人技と懐かしさの中にも新しさを感じさせるジェットリンクの郷土玩具をお楽しみください。 佐藤こずえ作/本荘こけし型ヤキモチえじこ-SOLD!

jetlink_roki at 14:37|Permalink

2017年12月31日

過ぎ行く年と来たる年、地震鎮静の願い~今晃さんの木地玩具

過ぎ行く年と来たる年には、家族で紅白を観ながらこの一年に思いを馳せる人、こうしている今現在も悲しみの中にいる人、遍く人たちに平等に新たな一年が訪れようとしています。
11_toys02b
地震鎮静の願い...2011年3月11日の震災以降に秋田県大館市の今晃さんが製作した木地玩具には、干支の兎を抱いた金太郎が「地震の象徴=ナマズ」を鎮めている様子が描かれています。嶽時代の今さんが病気の体を押しながら地震鎮静の強い願いを込めて製作したものです。
11_toys02a
今年の買い納めは、今晃さんの古いえじこでした。鳴子修行時代より以前、奈良靖規氏の木工場で働いていた秋田修行時代~長谷川辰雄氏の弟子時代頃に製作されたもの。署名は楷書体の「今晃」。新品に近い保存状態です。今年を締め括る良い買い物でした。

00blogtop2
この度、「MINGEI JETLINK/ジェットリンクの民芸」ブログを始めました。どうぞ宜しくお願いいたします。2018年は悲嘆に暮れる人々の心が少しでも和らいで、誰もが幸せで健康な一年でありますように。

jetlink_roki at 14:07|Permalink