KOKESHI/こけし戦前

2018年02月15日

「東京下町の風景とこけし⑫」自宅本棚/高橋忠臣、高橋美恵子

02insta2a
(左) 高橋美恵子がデビュー前に製作した習作こけし6寸、昭和57年作。父は高橋佳隆、兄は高橋通。父兄と同様に楷書体の筆法を特徴とする作者だが、その初期作は茫洋とした情味を感じさせる表情で味わいが深い。
(右) 高橋忠臣のこけし3寸は、戦前の昭和15年作。高橋忠蔵の実子。26歳で夭逝したため、こけし製作期間は僅か一年間。忠臣のこけしは数える程しか存在が確認されておらず、資料的観点からも貴重な一本である。

西の彼方(そこ)へ行けば
どんな夢も かなうというよ

02insta2b
インド関連の旅行本と福島県 飯坂温泉の鯖湖こけしを飾った自宅本棚にて。鯖湖こけしに描かれたロクロ模様は、中国から伝来したチャルメラと呼ばれる唐人笛の意匠が元になったとの説がある。文化や宗教は西方より伝播するという世の習いに従って大陸を遡れば、あの独得な蒔絵模様のルーツは仏教発祥の地インドへと辿り着くのでは?...こけしと旅の本が並んだ棚を眺めながら空想の羽を広げてみるのもまた一興である。
※この記事は、『こけし手帖』平成30年1月号(684号)「東京下町の風景とこけし」に加筆したものです。

02insta2c
当ブログの連載「東京下町の風景とこけし」全13話をまとめた、『こけし手帖』平成30年新年684号が届きました。

jetlink_roki at 16:10|Permalink

2018年01月29日

「東京下町の風景とこけし⑪」里見公園/松田徳太郎、小椋千代五郎

雲の隙間から幾筋の光が差し込める、雨上りの里見公園にて。
08_里見03a
優しい木漏れ日が降り注ぐ木立では、名も無き雑木とかつて雑系と呼ばれた異形のこけし達が密かな宴に興じている。近年では”独立系”と改称されたりもするが、昔日さながらの雑系という呼称を私は好む。そこには差別的な意味合いも系統における隔たりもなく、伝統の日陰に咲いた雑草はひたすら懸命でいて頑なに力強い。雑系こけしにはそんな心象あるいは共感めいた想いを抱いてしまう。

~鹿間時夫氏が夢に見たこけし~
写真左は、岩手県盛岡の木地業・松田徳太郎(1889~1964)の作とされる描彩が加えられたこけし6寸。徳太郎が作るこけしの基本型は無彩色で4寸ほどの長頭キナキナであった。『こけし辞典』では徳太郎の描彩こけしの作者は本人とは別人と推測されており「伝統的な必然性には欠如しているがこの種の南部系描彩こけしの中では秀逸である」と評価されている。徳太郎の描彩こけしは、昭和16年に仙台の桜井玩具店で、3寸、6寸、尺がそれぞれ(各一本づつ?)販売された。鹿間時夫氏がけつけた時既に遅し、店内には3寸が残るのみであった。この件は後に自著の『こけし鑑賞』において「今では6寸は夢となった」と語られた。
※この記事は、『こけし手帖』平成30年1月号(684号)「東京下町の風景とこけし」に加筆したものです。

jetlink_roki at 17:30|Permalink

2018年01月26日

「東京下町の風景とこけし⑨」里見公園/宮本永吉、長谷川清一

仕事場から近場にある桜の名所里見公園にて。
08_里見02a
江戸時代の長編小説『南総里見八犬伝』の舞台としても知られている土地で、かつては絢爛豪華に花を咲かせた1mをゆうに超える桜の切り株と、在りし日に子供達の遊び相手になった外鳴子こけし群。現在は互いにその役目を果たし終えてほっと安堵しているのか、寂しがっているのか。
08_里見01a
こけしを子供から遠ざけたのは大人ではなくて、
都市から流入した新興玩具であった。
いや、時という不可抗力であった。
西田峯吉『こけし風土記』(1961)
08_里見02b
(中)宮本永吉こけし6寸は昭和6年に橘文策氏が岩手県一関の作者を初訪問した際に求めたもの。同著『こけしと作者』『こけしざんまい』掲載品。(右)永吉こけし8寸は人間国宝の鈴木鼓堂氏旧蔵品。(左)長谷川清一のペンキこけし7寸は橘文策氏の旧蔵品。全て昭和一桁台の作。原産地から離れた土地で作られた鳴子系こけしは外鳴子と呼ばれ、同時代の鳴子では失われた古鳴子の情味や古い様式をその姿に色濃く残す。
※この記事は、『こけし手帖』平成30年1月号(684号)「東京下町の風景とこけし」に加筆したものです。

jetlink_roki at 13:24|Permalink

2018年01月25日

「東京下町の風景とこけし⑧」The University Dining/小倉嘉三郎、大野栄治

世界一の朝食ビルズ、自由が丘ベイクショップなど、有名レストランやカフェがプロデュースを手掛ける学食The University Dining(ユニバーシティダイニング)にて。
05_学食
「拝啓、深沢様 小生小細工は下手者にて...」
昔日の弥治郎部落で”日向のじんつぁん”と呼ばれた、小倉嘉三郎(1884~1956)のこけしは昭和一桁台の作。頭部にガラ入り。この年代の特徴として色彩全体が淡く黒色にも薄墨が使用される。半農半工で比較的安定していた当時の生活環境と温厚篤実な作者の人柄が大らかで茫洋とした作風の嘉三郎こけしを生み出した。
10_life03c
(左)大野栄治(1904~1981)の帽子えじこは戦前作、(右)梅こけしと、嘉三郎こけしの頭に乗った小寸のお土産こけしは昭和20年台作。師匠嘉三郎の柔らかい筆法とは相反した硬筆の楷書体で描かれ、土湯の斎藤太治郎、滝ノ原の伊藤儀一郎と同格に扱われた。嘉三郎と栄治、土湯の治助と太治郎のこけしは、戦前戦後で蒐集家の人気が大きく変化したことでも有名。
10_life03b
いつの時代も人々は満たされることのない感情や心の安らぎをこけしに求めて止まない。新潟の母から届いた手作りの梅干と望郷の想いを梅こけしの傍らにそっと添えて。
※この記事は、『こけし手帖』平成30年1月号(684号)「東京下町の風景とこけし」に加筆したものです。

jetlink_roki at 16:22|Permalink

2018年01月24日

「東京下町の風景とこけし⑦」The University Dining/小林吉太郎

仕事場から近く、千葉商科大学内の学食「The University Dining」(ユニバーシティー ダイニング)にて。
04_life01a
世界一の朝食ビルズに、自由が丘ベイクショップなど、有名レストランやカフェが複合してプロデュースを手掛けており、様々なメディアにも紹介される話題の学食。
04_life01b
日本家屋の平屋建てをイメージした木の梁を巡らせた建築様式や、自然光を取り入れて優しい木漏れ日を演出した空間デザインにも注目されたい。
02_学食01
昭和一桁台の米沢時代に製作された小林吉太郎(1896~1972)こけしは、宮城県白石市の古いコレクター菅野新一氏の旧蔵品。この年代の特徴として、頭部は桐材、胴体は朴材が使用される。時代が古いほど眼描が顔の中心に迫った独自の鬼気迫る表情で、眼点の凝視はどのこけしよりもきつく鋭い。たっぷりとした筆を用いてさらさらと洒脱に描かれた花模様は「花の冠」と呼ばれる。都市型産地における木地業の不況に、大量生産される新型こけし...
都市で生まれた吉太郎こけしは、
暗い世相に咲いた一輪の花。

竜田揚げの真っ赤なチリソースと深く調和する。
※この記事は、『こけし手帖』平成30年1月号(684号)「東京下町の風景とこけし」に加筆したものです。

jetlink_roki at 14:02|Permalink

2018年01月23日

「東京下町の風景とこけし⑥」Hands Expocafe/木村吉太郎

東急プラザ銀座の7階。広々と開放感に溢れた店内の「Hands Expocafe」(ハンズエキスポカフェ)にて。
03_銀座01a
最年少でミシュラン二つ星を獲得したシェフが監修したふわふわメレンゲ生地のパンケーキを注文。卵の白身感が強めの生地に、たっぷり染込んだ赤い苺のソースは、上ノ山こけしに一輪咲いた牡丹花。在りし日の郷愁をそこはかとなく偲ばせる。
03_銀座01b
山形県上ノ山の木村吉太郎こけしは、山形の古い蒐集家しばたはじめ氏の旧蔵品。橘文策氏による「木形子洞」頒布よりも更に古い昭和一桁台作。眼描の凝視鋭く表情に精彩が感じられる。経年木地に深く染み込んだ真紅の牡丹模様が美しい。
※この記事は、『こけし手帖』平成30年1月号(684号)「東京下町の風景とこけし」に加筆したものです。

jetlink_roki at 13:46|Permalink

2018年01月22日

「東京下町の風景とこけし⑤」夜の銀座歌舞伎座/斎藤幸兵衛

仕事終わりに、多くの人々で賑わう夜の銀座を散歩する。
03_銀座02a
「十月大歌舞伎」初日を迎えた歌舞伎座前にて。
03_銀座02b
胴模様にダルマ絵が描かれた斎藤幸兵衛(1890~1943)のこけしは、昭和9年に弘前のコレクター木村弦三氏が20本頒布したといわれている。その後、幸兵衛のダルマ模様は津軽こけし作者に引き継がれ現在では定番となった意匠であるが、幸兵衛本人にとっては最初で最後となったこけしである。さらさらと草書体で描かれたその面描からは極限まで張り詰めた緊張感と気高い品格をも感じさせられる。

「ひとつ睨んで御覧に入れましょう」成田屋!

幸兵衛こけしの赤く染まった頬紅は、人形浄瑠璃から着想を得て創作された歌舞伎の化粧法「隈取」(くまどり)を連想させ、凝視度高く睨みを利かせた胴のダルマ模様は、成田屋が代々受け継いだ見得の演技「にらみ」を彷彿させる。

生涯に僅か20本だけ作られた幸兵衛こけしと、数千本単位で量産される現代の作者が左右正確に描いた機械印刷のような幸兵衛型こけしとの間には隔世の差を感じざるを得ない。超えることの出来ない時代の差である。
※この記事は、『こけし手帖』平成30年1月号(684号)「東京下町の風景とこけし」に加筆したものです。

jetlink_roki at 15:19|Permalink

2018年01月21日

「東京下町の風景とこけし④」錦糸町喫茶店トミィ/渡辺幸九郎

東京スカイツリーのお膝元、
03_錦糸町01a
錦糸町北口に昭和の雰囲気を色濃く残した喫茶店トミィにて。
10_life01c
焼色美しくサクサクの表面に、中はフワっとしっとりしたホットケーキを老齢の店主が一枚一枚丁寧に焼き上げる。メニュー価格も400円台からと心にも財布にも優しいお店。
10_life01a
鎌先時代と呼ばれる昭和15年頃、戦前作の渡辺幸九郎(1892~1953)こけし。鳴子で展示されている深沢要コレクションと同手。その優しい表情に色彩豊かな童玩らしい温かみを持ったベレー帽こけしは、幼少時代に母が焼いてくれたホットケーキの甘い香りと懐かしきノスタルジアの傍らに。
※この記事は、『こけし手帖』平成30年1月号(684号)「東京下町の風景とこけし」に加筆したものです。

jetlink_roki at 14:57|Permalink

2018年01月18日

「東京下町の風景とこけし①」茨城県日立市の御岩神社/渡辺キン

拝啓、Mrエドガー...目を閉じればそこは悠久の宇宙。
昨年1月に訪れた茨城県日立市の御岩神社にて。以前から機会があれば行ってみたいと切望していた神社で、国内屈指の力場(パワースポット)としても有名な場所である。
01_御岩01a
1969年に人類初の月面着陸をした宇宙船アポロ14号の乗組員エドガー・ミッチェルが、宇宙船内から地球を眺めると、一際と輝く”光の柱”が立ってる不思議なスポットを発見。その場所の経度・緯度を計測したところ、そこが日本の御岩神社であった。エドガー氏は地球に帰還後、実際にこの神社を訪れたとのこと。また、日本人初の女性宇宙飛行士の向井千秋さんも宇宙飛行中の船内で同じ体験をした逸話も有名。
01_御岩01b
木々の隙間から優しい木漏れ日が差し込む山道を~。訪れた時期が一月だったこともあり、山道を歩くとバリバリと霜柱が崩れる心地良い音が響いた。氷点下を下回る気温だったが、気を張っていたせいか不思議と体感的な寒さは感じられなかった。境内の木立を歩いていると、木々の隙間から何やら赤い物体が...
01_御岩01c
福島県飯坂温泉の渡辺キン(1881~1941)作ダルマの木地玩具。一般に”渡辺きんのこけし”と呼ばれるものは、きん描彩&角治木地の夫婦合作こけしのことで、土湯系こけし亜系鯖湖こけしとして分類される。こちらのダルマは、昭和15~16年に仙台ホテル内の陸奥売店で販売された木地玩具。内部は小豆のガラ入りで、カラカラと心地良い音が鳴る。保存状態が良好で目の黄色い彩色が確認できる。土湯系こけしの源流である木地屋「山根屋」渡辺角治の妻”おきんさん”が晩年に残した玩具である。
01_御岩01d
緑色に赤色など色相環の反対側に位置する二色は「補色」と呼ばれる。互いを最も目立たせる組み合わせで、セブンイレブンなど有名企業の看板にも使用されている。辺り一面に緑の木々が生い茂る神社の境内を背景に、真っ赤な木地玩具が一際映える効果を演出している。
※この記事は、『こけし手帖』平成30年1月号(684号)「東京下町の風景とこけし」に加筆したものです。

jetlink_roki at 14:56|Permalink